お待たせしました!次回の「帰ってきたアマガサキ探偵」の収録を、

4月9日(日)の10:00~13:30 のうち約1.5時間

で行います!ただいま出演者募集中です!

※この収録分の放送は4月下旬~5月中旬の予定です!

●一人じゃ不安だから二人でもいいですか?→OKです!
●一言二言だけでいいならやってみたいのですが……→そういう役を用意します!
●子どもを記念に参加させたいのですが?→年齢制限ございません!(ただし言葉が話せること!)
●自分のお店の宣伝をしたいのですが?→出演者インタビューを録らせていただきますので大いにどうぞ。劇団公演の宣伝等も大歓迎です。ラジオの電波に乗せて、全国に向けた宣伝ができます!

台本制作の都合により、応募締切は4月1日(土)中とさせていただきます。
やってみたいし、そのスケジュールならいける!という方はすかさずメールを!
参加の可否に関わらず、必ずご連絡を差し上げます。
ただし、定員を超えた場合随時締め切らせていただきますので、ご了承ください。

☆「帰ってきたアマガサキ探偵」とはどんなお話?→http://twradidra.blog.jp/archives/12592897.html

☆応募の際は、応募要項を必ずお読みください→http://twradidra.blog.jp/archives/52434282.html

ぜひあなたもラジオデビューしませんか??

『ティニウィニのラジドラ!』ディレクター・メインMC
short drama unit teeny-weeny
主宰 曽奈千春

どうも!ないとうです!




明日から3月!卒業シーズン!グラディエーション!


SPEEDのあの歌が懐かしい!



という訳で2月28日放送分の後記です!



○OPトーク

○みんなで作ろう!ティニペディア

○帰って来たアマガサキ探偵『第72話 麻薬グループを追跡せよ!(前編)』



本日28日は『R-1グランプリ2017』の決勝戦が行われました。


優勝は「アキラ100%」さんでしたが、もちろん収録時にはわかるはずもなく、OPトークはなんとな~くでR-1の話から、昨今の芸人さんは昔より売れるのが大変だ、という余計なお節介な話になりました。



ティニペディアのお題は『ごんべん』『さんずい』。


今までの傾向からして、おそらくは業界用語だろうと踏んだ二人。

しかし最終的には「ごんべん=悪口ばっかり言う人」、「さんずい=話すとき唾めっちゃ吐く人」に決定・・・


なんじゃそりゃ。


ちなみに本来の意味は、警察用語で「ごんべん=詐欺事件」「さんずい=汚職事件」の事。

お題は出ていませんが「うかんむり」というのもありまして、これは「窃盗事件」の事なんだそうな。



勉強になります~。





そしてアマ探は第73話「麻薬グループを追跡せよ!(前編)」

今年もやっぱり風邪を引いた吾郎。
そこに、忙しい(?)フリーターがわざわざ事務所に来訪。
なんでも以前、市内のとある文化住宅の引っ越し作業のバイト中、部屋に引っ越してきた男が何やら不審な行動だったという。
のちに手伝いに来た男女達の会話の中に出てきた「ヤク」という言葉・・・
もしかしたら、そこが麻薬常習者たちのアジトだと言う。
途中来訪したハンサムとともに、風邪でダウンの吾郎に代わり、圭太が常習者と思わしき男女達がいるアジトへと向かう・・・



何やらきな臭い雰囲気・・・後編をお楽しみに!




「ティニウィニのラジドラ!」では、番組へのメッセージをお待ちしております。

また、ドラマのオリジナル脚本や、出演者、ジングル川柳なども募集しております。


ご応募は、ブログトップの応募要項からお願いします!


はい!

放送後記です!




バレンタインの日にお送りしたラジドラはどんな内容??



○OPトーク

○復活!題名だけの読書会

○SPドラマ「20XX年のバレンタイン」


OPトークはバレンタインシーズンになると恒例となってしまう『今までチョコもらったことある?』


そりゃあ、一度や二度はあるでしょー?

ってか、毎年毎年同じような話の繰り返し。

リユースし過ぎ。

内藤も、中学時代にバレー部の先輩からチョコもらった話し過ぎ。


まあでも、毎年渡し渡され、返し返され、も面倒っちゃあ面倒。


だからいっそのこと女性の方から、チョコが欲しいかどうか確認してから渡した方が、双方効率よく渡せると思うけどねー。

女性も経済的負担も軽くなるし、男性もお返しを考えないで済むし。



嫌々あげる義理チョコなんて、いらねーや!!



そして、久々の復活は『題名だけの読書会』。

本のタイトルだけを聞いて、どんな内容なのかを、イマジネーションを膨らませて作っていく、高等な知的ゲーム。

タイトルは『桃のひこばえ』


梶よう子作の「御薬園同心シリーズ」の第2弾。


4人で考えた内容は、短い手足のついた可愛らしい桃のキャラクターが出てきて、それなりな精一杯の大冒険を繰り広げた後、次ページですぐ料理になるという、残酷極まりない絵本。

子供には読み聞かせにくい、でもそれが現実だよ、という教訓めいた手厳しい警告の書、的な感じの。


本当は、ほのぼのした柔らかいタッチの時代小説ですけどね。




そしてSPドラマは、近未来、もしこんな事が実際に起こったら嫌だな~と、思わず身震いしてしまう、ちょっぴり怖いSFでした。



次回もお楽しみに!





「ティニウィニのラジドラ!」では、番組へのメッセージをお待ちしております。

また、ドラマのオリジナル脚本や、出演者、ジングル川柳なども募集しております。


ご応募は、ブログトップの応募要項からお願いします!


↑このページのトップヘ